薄毛対策は頭皮状態の改善が不可欠です

髪の毛が薄くなってきた、ひょっとしてハゲなんじゃないか・・・

男性だったら誰でも不安になること、それが薄毛やハゲです。

自然の現象なので仕方がないとはいえ、やはり薄毛やハゲは恥ずかしいし見た目もあまりよくありません。

清潔にしているつもりが不潔に見られることもあるし、年齢もかなり年をとって見られてしまいます。

薄毛やハゲの本当の原因を知ろう

さて、薄毛やハゲの原因はなんでしょうか?

今現在明らかになっている原因は

・遺伝的体質
・生活習慣(食事・睡眠)
・喫煙
・ストレス

です。

・・・あれ?

先ほど「自然の現象」と言いましたが、薄毛やハゲの原因を見ると、自然の現象は遺伝的体質だけ。あとのほとんどが自分でも制御することができることです。

そう、実は、ハゲや薄毛は仕方がないと諦めることではありません。

自分で注意すれば十分に防げることだし、薄毛やハゲになってきても十分に治すことができる症状です。

髪の毛の根本は頭皮から

髪にダメージを与えない、髪に悪いことをしない、というのはよく言われます。

髪にダメージを与えると、髪の毛がパサついたり枝毛が多くなったりしてきます。

確かに髪の毛自体にダメージを与えないことは重要ですが、それ以上に重要なのは頭皮環境です。

髪の毛が生え続けるかどうか、太くてハリのある髪の毛に成長するかどうかは、全て頭皮がカギを握っています。

頭皮を植物の土壌だと思ってください。

植物が新鮮に勢い良く成長するためには土壌の強さが欠かせません。

どんなに種や苗の品質がよくても、やせ細った大地では植物が成長しません。

逆に土壌が潤っていれば、大地の栄養をたっぷり吸って植物はどんどん成長していきます。

髪の毛も植物と全く一緒です。

土壌となる頭皮の状態が悪ければ、どんなに髪の毛が生えてきたところで、太くハリのある髪の毛に成長しません。細くて弱い髪質のまますぐに抜けてしまいます。そしてそれが続くとついには髪の毛が生えなくなってしまいます。

これが薄毛やハゲの原因です。

薄毛やハゲを予防して、太くてハリのある髪の毛にするには、良好な頭皮環境が欠かせません。

良好な頭皮環境を作るには?

良好な頭皮環境を作るためには、生活習慣の改善が欠かせません。

脂っこい食生活を控えたり、バランスの良い食事を心がけます。

睡眠不足も大敵です。

外部からの刺激を受けて疲れた頭皮が回復するのは、夜寝てる時です。睡眠時間が不足していると、頭皮が回復する時間がとれません。

また、喫煙の習慣があるならやめましょう。

喫煙は血管を硬くしたり狭くしてしまいます。
血管が硬くなったり狭くなった結果、頭皮に新鮮な血液がいかなくなって、栄養が行き届きません。

頭皮の状態を良くするためには、血液に乗って運ばれる新鮮な酸素と栄養が不可欠なので、血流を悪くしてしまう喫煙は大敵です。

育毛剤でさらに栄養を与える

弱った頭皮にさらに栄養を当たるためには、育毛剤が効果的です。

ひと昔前の育毛剤は「効かない」「気休め」といった印象がありましたが、今の育毛剤は全く違います。

発毛を促す発毛成分と育毛を促す育毛成分。この2つの成分の効果で、髪の毛を確実に発毛させて、生えた髪の毛を太くてハリのある髪の毛に成長させます。

その中で、育毛成分は、頭皮に栄養を与える頭皮ケア効果があります。

頭皮を土壌に例えるなら、育毛剤は肥料です。

土壌に優しい肥料をたっぷり与えることで、髪の毛がその肥料の栄養分を吸い上げてぐんぐん成長します。

一度薄毛になったりハゲたりすると、生活習慣の改善ではなかなかリカバリーすることはできません。自体が進んだ時ほど育毛剤などの効果を発揮する時です。

育毛剤については詳しくまとめられたサイトが数多くあります。

参考サイト:薄毛に効く!薄毛を治す育毛剤で髪が増える!(外部リンク)

上記のような育毛剤に詳しいサイトを参考にして、ぜひ自分の頭皮に合った育毛剤を見つけてみてください。

育毛剤で頭皮の状態が回復すれば髪の毛は必ず生えてきます。

そして、良好な頭皮を継続するためにも育毛剤の効果が不可欠です。

頭皮に刺激を与えずに上手くケアして薄毛を防止する!